今日も良い位置にいます。
かなり期待できますね!

先週から今週の流れと、
調整がうまくいっている。
今迄の日本人選手もメジャーに合わせた
調整をおこなっていたとは思うのですが…

日本人選手で、秀逸。
松山プロは調整見事に掴んでいるようです。

一つ、気になることが。

昨日の2日目のプレーを観ていて…。
アイアンショットの精度が
前週と違いますね。

ショット後に、
幾度か手を解いてしまいます。

恐らく…。

極度の興奮状態で、アドレナリン過剰。
それが、スイングのスピードを上げ過ぎているようです。

こういう、選手ならではの
競走馬で云う。

入れ込み状態。

身体の回転が強過ぎて。
腕の動きが間に合いません。

タイミングが合わず、苦労している様子が
ヒシヒシ伝わってきました。

こうなると、名選手でも本当に苦労します。
試合の中で、テンポの微調整が必要です。
メンタルの強さ、集中力で、
注力をゴールに向かわせ。
タイミングのズレをなるべく抑えこみながら、
スコアーをつくっているようです。

松山プロの凄いところは、
こういった、ゲーム中にありがちな
スイングテンポのトラブルを
集中力のベクトルを別方向に切り替えて
今度は、そちらの方で
良い状況を待つ。または、チャンスをつくって
しまう強靭な精神力でしょうか。


ショットが完全な状況では無い松山プロを支えているのは、見事な小技のリカバリーに尽きます。

苦しい状況を、こんな時に支えてくれるのが地味な練習で培うアプローチショットやパッティング。

勝つ選手を、最終的に支えているのは
パッティングの感覚。
幸い、松山プロのパッティングを診ていると。
パッティングにおいてはストレス無く、思ったようなストロークに対しイメージ通りボールは転がっているようです。

だから、

今日一日のプレーで、
何とか、もともとのショットリズムに
持ち直して、本来のキレあるスイングが戻れば。
最高のフィニッシュが期待できると思います。

多くのプレーヤーが、
コーチに依存した中で戦っていますが、

松山プロ。
並外れた、スイングやプレーの自己管理。
最終的には自分を信じきり、戦う姿が、勇ましい。
まさに、スーパープレーヤーですね!

頑張れ、松山プロ‼️