暑い夏のプレーでは、
時折、突然、雷にみまわれることが
あるかと思います。

ゴルフ場でプレー中の雷には要注意‼️

ゴルフ場のマスター室では、
雷雲の発生を感知したら、
直ぐに各所からデータを取り寄せています。

雷鳴がしても、プレーが安全に出来る
遠い時と、少し遠くても危ない場合など。

長年の経験を基に雷レーダーを働かせて
警戒態勢に入ります。

ですから、ゴルフ場が
プレー中断を促したら、
それは…


本当に危険な時

即刻、自分たちの勘でプレーをするのは
止めるべきです。

過去には、プレー中に警告を
無視してプレーしていたプレーヤーが
天国に召されたことが、
何軒かあるのです。

ゴルフ場は、
プレーヤーの安全を守る為に
雷には万全の注意を払っています。
ですから、
滅多に無いゴルフ場からの


「プレー中断の合図」

出たら。
素直に従って下さい。
雷に当たったら、
「痛いだけでは無いのです」

最近では、日本の気候も
亜熱帯化してきているので、
遠くで雷⚡️が走っても、
直ぐに近くに墜ちることがあるので、
最終的には自分の身は自分の判断で
守る事が大切です。

恐くなったら、無理をせず、
近くの茶屋か、雷小屋に待機しましょう。
後続組が追いついてきたら、
遠慮なくパスして貰いましょう。

近くに、雷⚡️が来た時。
避難小屋まで遠い場合。
どうしたら良いか⁉️

先ず、
傘やクラブを持っていたら、
速やかに手から離して下さい。

そして、逃げ込む場所は
間違えないでください。

高い障害物がある近く、
林の中は絶対❌ダメです。
樹木の中には近寄らないで下さい‼️

次に、
乗用カートは安全ではありません。
タイヤから放電する説がありますが、
乗用車より危険です。

本当に本当に万が一。
逃げ込む場所に困ったら。

皆さんが嫌いなアノ場所。

バンカーに逃げて‼️

地面の高さより、低いところに逃げるのです。
なるべく低いバンカーに入り
頭が飛び出さないように、
低い体勢に。

浅めのバンカーしか無い
窮地に追い込まれた場合は、
金属類はすべて取り外して、
バンカーに寝る。
うつ伏せになるしかありません。

最後に
バンカーにうつ伏せにまでならなくて
良いように。

万が一、
ゴルフ場からの警告が届かないことも考えて、
本当に恐いと感じたら、
遠慮なくプレーを止めましょう。

雷が過ぎてから、また、プレーを再開すれば
良いだけですから。

プレーに夢中になって忘れがちですが、
皆さんが楽しくプレーしているゴルフ場は、
もともとは山の中がほとんど。

山中に、雷は落ちるもの。
普通によくあることで珍しいことでは
ありません。

安全管理。
最終的に、自分の身は自分で守る。
万が一の不測の事態に備えて、
スポーツは楽しんでください。

どんなスポーツでも、
楽しむ上で、
これは大切なことだと思います。