ゴルフスタジオPivot!!をいつもご利用いただきありがとうございます。

冬はオフシーズンだからゴルフ場には行かない、ゴルフ自体お休みする、という人もいると思います。

本日は、それでもゴルフをやるべき理由を挙げていきたいと思います。

①プレーしてると実はそこまで寒くない

寒い

コースで歩いたり走ったりしながらクラブを振り回していると、実はそんなに寒くないことが多いです。

ティショットが終わって、セカンド地点に向かうときはダッシュすると非常に体が温まります。

インターバルの時間などに、連続素振り(往復素振り)をリズム良く行うのも筋温が上がって良いでしょう。

最近は特に、保温性の高いインナーウェアが普及してきているので、しっかり運動しながらラウンドすれば寒さに悩まされるのは減ると思います。

②プレー代が安く、混雑も少なめ

日本のゴルフにとって冬はローシーズンといえるため、ハイシーズンと比べるとプレー料金は安めに設定されることが多いです。

春や秋などでは考えられないようなお得なプランが出たりするので要チェックです。

また、混雑具合もハイシーズンと比べると緩和されるため、スムーズなラウンドが期待できます。

ショートホールで詰まってしまい何組も待ちが出てしまうとか、スタートホールからすでに数組待ち、という状況にはなりにくいと言えるのではないでしょうか。

③ラフが短く打ちやすい

枯芝

冬場はラフが短くなるので、フェアウェイウッドなどでも打ちやすくなります。

もちろんゴルフ場によるのですが、夏のフェアウェイ並みに打ちやすかったりするので、ラフに入ってしまっても悲観せずに済みます。

夏はラフが長く保たれやすく、ボールが埋まってしまうと短いクラブで出さざるを得ませんよね。

芝も枯れたカラーになるので、ボールは白よりイエローなどが見つけやすくなったりするので、試してみて下さい。

まとめ

このように、冬のゴルフにもメリットはありますので、冬はやらない!と決めつけてしまうのはもったいないです。

それでも「動き始めると暖かいけど、それまでが寒いからやだ」「寒いから朝ベッドから出たくない。ゆえに冬ゴルフやりたくない」という方々はいると思われます。

そんな人には無理にゴルフ場に行けとは言いません。冬でも暖かいインドアレッスンスタジオで練習することをおすすめします。

冬の間にスイングを仕上げておくことで春には確かな実力が芽吹くことでしょう。

<インドアゴルフスタジオPivot!!>
東京都目黒区祐天寺2-5-5
東横線 祐天寺駅徒歩3分・中目黒駅徒歩10分