ゴルフスタジオPivot!!をいつもご利用いただきありがとうございます。

体重移動がうまく出来ないと悩んでいるゴルファーが多いと思います。

Pivotではコースレッスン付きのプランがあるため、インドアスタジオとコースの両方でスクール生をレッスンする機会が非常に多いです。

インドアでの動きとコースでの動きで変わってしまう点はどんなところが多いか?を見てみると、非常に多いのが体重の移動(荷重の移動)が上手くいかずに、右足に荷重が残ったスイングになっているケースです。

そのような状態から引き起こされるミスは、ボールの上部を打ってしまう「トップ」、ボールの手前側(飛球線後方側)にクラブヘッドが落下してしまう「ダフり」、クラブフェースが右を向いた状態でボールに当たってしまう「プッシュアウト」などさまざまです。

重心(重さの中心)のポジションがしかるべき位置より、右(後ろ)に残ってしまうと、正確なインパクトはのぞめないということになるのです。

自分が正しく重心が移動しているかわからない、という方はフィニッシュで左足に多く体重が乗っているかどうか確認してみて下さい。

体重が多く右に残っていたり、構えた位置より後ろ(飛球線後方)にバランスを崩して動いてしまったりいていたら要注意です。

では、「飛距離のアーティスト」の異名で知られる工藤コーチをモデルにドリルを見てみましょう。

対策ドリル

このドリルは、体重の移動がうまく出来ずに、体重が右に残る人、特に体が右に傾いてインパクトしてしまう人に有効です。

インパクト後に前に歩き出すことによって、体が右に傾いてしまったり、体重が残るのを強制的に防止できます。

インパクト後、フォロースルーの段階で右足を目標方向に踏み出していって、フィニッシュでは左足より右足が一歩前に出るようにします。

 

まとめ

最初はボールを置かずに、素振りで試してみてもOKです。

うまく出来るようになるとスイング全体も非常にスムーズになります。

また、荷重がしっかり左足に移るようになっていくため、右足に荷重の残ったスイングに対して、格好良くバランスのいいフィニッシュが作れるようになってきます。

ゴルフにはフィギュアスケートのように芸術点でスコアが良くなることはありませんが、どうせなら美しくスイングしたいものです。

体重移動がうまく出来ない、スイング中体が右に大きく傾いてしまうという人はぜひ試してみて下さい。

<インドアゴルフスタジオPivot!!>
東京都目黒区祐天寺2-5-5
東横線 祐天寺駅徒歩3分・中目黒駅徒歩10分