ゴルフスタジオPivot!!をいつもご利用いただきありがとうございます。

「インパクトが緩んでいる」「アプローチで合わせにいっている」などと言われてことはないでしょうか?

アプローチでピンに寄せたいときに、トップしてピンをオーバーしてしまう、ダフってほとんどボールが飛ばない、距離感が合わない、自分の距離感が作れない、といった問題はインパクトの緩みから発生しているケースが多いです。

思い切りが悪い、怖くてインパクトで緩む、ボールが上がらない、バックスピンをしっかりかけてボールを止めたいなどを、一気に解消するドリルをご紹介します。

本日も「厚木の神童」として敬われている工藤コーチのお手本とともにやり方を見ていきましょう。

緩み解消ドリルのやり方

緩みが発生してしまう方は、フィニッシュへいったら終わりだと思ってしまうから、その手前のインパクト付近で誤作動を引き起こしてしまうことになります。

このドリルはフィニッシュまで振った後、クラブをアドレスのポジションまで戻す事でインパクトの誤作動が解消するドリルとなっています。

フィニッシュ後の動きも、プログラムに組み入れておくことでストロークの終点が先に設定されるため、緩みが発生しづらくなります。

※工藤コーチによりお手本動画

まとめ

このドリルにより、インパクト付近の誤作動を防げることはもちろん、インパクトの前後で加速しながらボールをとらえることができるため、クラブフェースとボールに摩擦がかかりしっかりバックスピンをかけることが出来ます。

そのため、落下後にボールが転がりすぎて、グリーンからボールがこぼれしまうということが起こりづらいです。

また、インパクトに向けた加速を一定にしやすいため、ふり幅に対する距離感も一定にしやすいでしょう。

練習場やレッスンスタジオで試してみてください。

「やったけどまだまだ緩む」「他にもいろいろ聞きたい」「飛躍的にゴルフが上手くなりたい」という方は、ゴルフスタジオPivotまで足をお運びください。

<インドアゴルフスタジオPivot!!>
東京都目黒区祐天寺2-5-5
東横線 祐天寺駅徒歩3分・中目黒駅徒歩10分