ゴルフスタジオPivot!!をいつもご利用いただきありがとうございます。

アプローチの成功率はスコアに非常に大きな影響を与えます。

距離感を養うことや、アプローチのバリエーションを増やすことで様々な状況に対応できるようにすることも大事ですが、まずはトップ、ダフりなどのミスが発生しないように、安定してクラブヘッドの芯でボールをとらえることができるようになる必要があります。

本日は驚愕の飛距離と繊細なアプローチスキルを持ち、「相模原の暴れ馬」の異名を持つ工藤コーチをモデルに安定したアプローチのための動きと練習方法を見ていきましょう。

安定したアプローチのための構え・動きとは?

安定したアプローチを常に実現するには、クラブヘッドのインパクトに向かう入射角を常に一定にする必要があります。

一定の入射角でクラブヘッドが入ってくるからこそ、いつも一定のボールの高さ、飛んでいくボールのスピード、バックスピン量が一定になるのです。

クラブの入り方を一定にするには、左右に体を揺らさずにスイングする必要があります。

そのためのアドレスの形としては、左足に多めに荷重し、体の左サイドに軸を作るイメージを持ちます。

そして、アドレスの時に作った左に軸があるイメージを崩さずにバックスイングをすることで軸のポジションを一定に保ちやすくなります。

写真はアドレスのイメージです。実際はもちろん右足も地面につけて構えます。

DSC_2640

また、これによってクラブヘッドの軌道の最下点(最低点・クラブヘッドが通る最も低い点)がボールより左側になりやすいため、トップ・ダフりが発生しづらくなります。

安定したアプローチのための練習方法

①通常のアプローチをするときの構えで構えます

②右足を後ろに引き、つま先だけ軽く地面につくようにします

③そのまま中心軸を左右に揺らさないようにして、スイングします

このような練習をすることで、動きの中での軸が安定し、クラブヘッドの入射角が安定してきます。

では、お手本映像を見てみましょう。


 

もっと詳しく知りたい方、他にもいろいろな練習方法を聞きたい方、実際のコースでアプローチを教えてほしい、という方はゴルフスタジオPivotにご相談ください。
 

<インドアゴルフスタジオPivot!!>
東京都目黒区祐天寺2-5-5
東横線 祐天寺駅徒歩3分・中目黒駅徒歩10分