ゴルフスタジオPivot!!をいつもご利用いただきありがとうございます。

今回は、ゴルフにおいて「逃げる」という行為をコースマネジメントに取り入れることでスコアを出そう!というお話です。

ティショットで逃げた方がいいシチュエーション

%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88

ティショットでもやたらとドライバーで飛ばすのではなく、フェアウェイウッドやユーティリティでティショットして逃げる選択をした方がいいこともあります。

ちょうどドライバーの落下地点付近のフェアウェイが狭いケースや、ドッグレッグになっていてまっすぐドライバーを飛ばしてしまうと、奥まで突き抜けてしまってセカンドショットが打ちにくくなるようなケースです。

こういった状況では、ドライバーほど距離は稼げませんが、短めのクラブでティショットするのが安全なマネジメントです。

ですが、突然フェアウェイウッドなどをティショットで使うのではなく、練習の段階でティアップした状態でしっかり打っておきましょう。

林から脱出するセカンドショット

%e6%b1%a0%e8%b6%8a%e3%81%88

これはついつい1ヤードでもグリーンに近づきたくなってしまう状況です。

ただでさえティショットをミスしてしまい、林に入ってしまっているため何とか挽回したくなってしまいます。

しかし、こんな時こそ攻めすぎた選択をせずに正しく逃げるマネジメントが必要です。

狭い木の間、枝の間を狙ってグリーンに近づけようとするのは成功率を考えれば良い選択とは言えません。

確実に木の幹や枝ににあてずに脱出するルートを選択するようにしましょう。

位置によってはグリーンから遠ざかる方向に打つ必要がある場合もありますが、確実に脱出し、サードショットを打ちやすいポジションに出しましょう。

また、日頃から脱出用に低い球を打つ練習もしておいた方がベターです。

安全なマネジメントがスコア向上には大事

dscn0361

上で挙げた例以外にも、様々な逃げた方が好スコアにつながるシチュエーションがあります。

ピンを狙わずグリーンセンターを狙うなどもそうですし、2グリーンのホールなら周りの状況次第では2つのグリーンの真ん中を狙う、というようにある程度自分のミスを計算に入れたマネジメントが悪い結果を減らします。

状況によってはもちろん「攻める」ということも必要です。

ただ、「攻める」というマネジメントは案外出来てしまうものです。

特に、初心者・初級者のうちはひたすら「攻める」「前にボールを飛ばす」「グリーンに近づける」といった選択しかできません。

そこから一歩も二歩も進んだスコアを出していくには、確率の高い攻め方を選択する必要があるのです。

もしあなたがいいスコアを出したいと思ったら、たとえ同僚に臆病だといじられてもティショットでフェアウェイウッドを握るという選択をしてみてはどうでしょうか?

<インドアゴルフスタジオPivot!!>
東京都目黒区祐天寺2-5-5
東横線 祐天寺駅徒歩3分・中目黒駅徒歩10分